Oxford MBA 日本語サイト

OXFORD MBAに関するサイトです。質問等は、在校生担当(oxfordmbajp@gmail.com)までご連絡下さい。

Alumini Weekend

ビジネススクールを分類する切り口は、欧州か米国か、1年制か2年制など色々あります。
総合大学に属するビジネススクールかビジネススクールだけのスクールか、という切り口も重要な切り口だと思いますが、サイードビジネススクールは、オックスフォード大学に属しますので、前者に分類されます。

Alumni Weekend


このエントリーでは、サイードビジネススクールがオックスフォード大学の一員であるが故のイベントに参加したときのことを書いてみましょう。

9月25日(金)~27日(日)、Alumini Weekendというオックスフォード大学卒業生のための催し(在校生も参加可)がありました。
催しは、講演から教授陣との食事会、カレッジ見学まで様々ですし、講演の内容も、自然科学、文学、法律、政治、と様々です。せっかくの大学全体のイベントですから、ビジネススクールで聞ける話とは違うテーマの講演を聞くことにしました。
卒業生対象の講演会ですから、それほど専門的な知識が要求される訳でもないでしょうし、未知の分野の講演でも良かったのですが、ついつい慣れ親しんだテーマを選んでしまいました。

私は、日本で弁護士をしていますし、大学時代には法学部に所属して、政治学や国際法を勉強していたので、つい国際法、法哲学、日本政治の講演を選択してしまいました。
講義のタイトルは、それぞれ、"War crime prosecutions", "Security and Liberty", "Why has Japan not had a female prime minister?"。

国際刑事裁判、法哲学、日本政治、という比較的マイナー分野で、出席者も少なく盛り上がらないのだろう、と予想していました。でも、実際に会場に行ってみると、国際刑事裁判と法哲学の講演は200人以上も集まる満員でしたし、内容はいずれ突っ込んだテクニカルな話にまで及び、満員の観衆も皆真剣に聞いている様子でした。
Oxford Union

オックスフォード大学には様々な研究機関がありますから、ビジネススクールの学生も、ビジネススクールの建物の中だけで学ぶのではなく、他の研究機関の学生・研究者と交流しながら学ぶ機会もたくさんあります。
授業が始まってからは、残念ながらビジネススクールの授業が忙しく、他の分野にまで手が回らないと思うのですが、折に触れて、800年の伝統を誇るオックスフォードの知の一端に触れていきたい、と思っています。

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

  1. 2009/07/30(木) 23:00:00|
  2. 未分類