Oxford MBA 日本語サイト

OXFORD MBAに関するサイトです。質問等は、在校生担当(oxfordmbajp@gmail.com)までご連絡下さい。

7.オックスフォード生活(家族編)

≪パートナー≫
■ Oxford University Newcomers’ Club:

学生のパートナー向けに、コーヒーモーニングの提供、読書、編み物、英語クラスなどのクラブを運営しています。外国人日本人を含め、Oxfordで知り合いをつくる機会として利用できます。特に英語クラスは子連れでも参加できるので、なかなか語学学校に通いづらいお子さんのいるパートナーの方によいと思います。Michaelmas termのはじめに最初のコーヒーモーニングがあるのでそこに参加をするのが、一番手っ取り早いです。その年のアクティビティ概要についてもそこで説明があります。


■ Oxford University language Centre:

学生のパートナーの方向けに、各タームの期間中、レベル別に英語の授業を提供しています。頻度は週一回1時間程度と少ないですが、安い価格で教えているため、人気が高い講座です。Universityの公式な機関のためか、伝統的なブリティッシュイングリッシュを教えており、他の語学学校の教える内容と比較する楽しみもありそうです。
詳しくはサイトをご覧下さい。


■ Library, Sports centre:

Oxfordshire County Councilが営むlibraryがCity CentreとSummertownにあり、図書、DVD、CDなどの貸し出しを廉価で行っています。また、Leisure CentreやPoolなどの運動施設でのサービスも提供しており、ジム、スカッシュ、スイミングなどを楽しむことができます。子供向けのスイミングスクールの提供なども行っています。


■ Nursery school:

子供をもつ学生のために、University Administration and ServiceがChild care serviceを提供しています。中でも、Nurseryについては、20程度の施設のスポンサーとなっており、入所希望者のウエイティングリストにおいて優先枠を持っているようです。その他、Collegeによっては、Nurseryを自前で運営しているところもあるようです(e.g.Balliol,Wolfson)。


■ Department for Continuing Education, University of Oxford:

英語能力に長けているパートナーの方であればオックスフォード大学の1組織であり、公式に大学単位が取得出来る、こちらにて多岐に渡る学習に時間を充てるのも良いでしょう。尚、科目によっては受講、および単位認定に審査を経ることが条件となります。詳細はサイトでご確認下さい。


■ Community centre:

イギリスではBaby groupやToddler groupと呼ばれる、子ども連れの集まりが盛んです。大抵週に一度、午前中に開催されています。特に登録は必要なく、お子さん連れであればだれでも気軽に参加できます。イギリス人をパートナーに持つ日本人の方なども多く参加されているので、大学関係者以外の知り合いや、ママ友・パパ友を増やすいい機会になると思います。Botley RoadにあるThe King's Centreや、Christ Church近くのcentreが比較的近いです。お国柄、教会などでも開催されていますので、教会を見かけたら掲示を探してみてください。City Centreの教会でも、Rainbow houseというグループが毎週水曜に開催されています。


■ その他:

Oxfordには、無料の博物館、美術館なども多く、滞在期間中飽きることなく休日を楽しめることと思います。中でも子供に人気が高かったのは、Oxford University Museum of Natural HistoryとPitt Rivers Museumです。その昔Oxfordにも存在したことが分かっている恐竜の模型、絶滅した動物の歴史、各文化を象徴するような面の数々といった展示物を、徒歩圏内にある博物館で見学できるのは、Oxfordに暮らすメリットの一つだと思います。週末には子供向けにCraft activityなどの家族向けイベントもあり。

また、Oxfordは適度に田舎で自然が豊かなので、Port Meadowに行ったり、パントを楽しんだり、またFoot pathを探してみてもよいと思います。個人的にはBotleyの南側からChrist churchに抜ける森の小路がおすすめです。緑豊かで空気が清浄、本当に贅沢な空間です。

P8294230.jpg
  1. 2009/08/13(木) 08:45:58|
  2. 未分類